0%
previous arrow
next arrow
Slider
Slider



武田家ゆかり 小笠原家 菩提寺

開善寺は天正19年(1591)、小笠原信嶺により小笠原家菩提寺として建立されました。
信嶺は戦国武将の当時の世の習いとして、御家存続の為、主君を武田系⇒織田家⇒徳川家と変え動乱の時代を生き抜きました。
大名家として、当時一寒村だった武蔵本庄の地に、後に中山道随一の宿場町となる本庄宿の楚を築きました。
信嶺公夫妻墓所、信之公(初代本庄藩主)墓所は本庄市の指定文化財として、
小笠原家尊師として伝わる鎌倉末期の渡来僧である清拙正澄の頂相(画像)は埼玉県の指定文化財として、
今も往時の歴史を伝えています。